住居の騒音が気になる人へ|近所の人に迷惑をかけたくないなら防音工事を施工しよう

近所の人に迷惑をかけたくないなら防音工事を施工しよう

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

住居の騒音が気になる人へ

つみき

建物の造りを考える

音や声が聞こえる物件の騒音はとても気になるものです。特に夜の場合、仕事や学校など次の日に影響をきたすため、騒音対策は大切になってきます。 騒音対策が必要な住居は戸建てよりもマンション・アパートが断然多くなります。その理由は隣の部屋と隣接しているため、どうしても声や音が漏れてしまうからです。騒音が気になる人は物件探しの段階で、騒音に考慮している鉄筋コンクリート造りの物件に住むことがおすすめです。 鉄骨や木造の場合は比較的壁が薄く、声や音も通りやすい造りです。しかし、騒音対策は数多くあり、工夫次第で気にならなくすることが可能です。ただし、隣人等が明らかに大きな声や音を夜に出している場合、まずは管理会社に伝えて注意してもらうことが良いでしょう。

遮音シートと防音壁

壁の騒音対策としては遮音シートと防音壁が効果的です。遮音シートとは本来壁の内側にある防音材ですが、壁の外側に貼っても効果が発揮されます。遮音シートには壁のような硬い材質のものと樹脂製などの軟らかい材質のものがあり、軟質のものはハサミで簡単に切れるので設置も楽に行えます。 防音壁は室内に入ってくる吸音する効果があります。ガラスや石膏、グラスウールの素材で作られており、大きさも予めカットしてくれるので自分でも設置することが可能です。値段は種類によっても異なりますが、安いものも多いので経済状況を考慮することも可能です。また、遮音シートは音を跳ね返し、防音シートは音を吸収するので、同時使用すると効果はさらに高くなります。 騒音が気になる場合、壁以外にも窓など様々な場所に防音対策をする必要はあります。しかし、壁からの音は最も気になる騒音のため、まず最初に防音対策を行う必要があるでしょう。