近所の人に迷惑をかけたくないなら防音工事を施工しよう

インテリア
このエントリーをはてなブックマークに追加

近所迷惑を防げます

室内

住宅内部の音が外に漏れることが心配な場合は、防音工事を行うことで解消できます。その際は、楽器を演奏する部屋などに絞って防音工事を施すことで、十分に音漏れを防げますし、コスト削減にも繋がりますからおすすめです。

More...

打楽器の練習に

作業員

ドラムを自宅で思う存分叩きたいなら、音が周りに漏れないように防音室の導入を考えましょう。部屋の中に防音スペースを設置するタイプの製品も販売されているため、思っているよりも安くドラムを叩ける場所を手に入れられます。

More...

自宅で出来る騒音対策

ウーマン

簡単な騒音対策の方法

ご自宅にお子様やペットがいる家庭では、近所に音が漏れて迷惑をかけていることがあります。ご近所トラブルを防ぐためにも、防音対策を行ったほうが良いでしょう。ホームセンターに行くと、音を吸収する壁に取り付けるタイプの防音材が販売されています。段ボールを壁に貼るだけでも効果があります。少し大きめな家具を置くことでも、音が漏れるのを防いでくれます。家具としては、タンスや本棚などが良いでしょう。遮音性が良く、季節による寒さや暑さの対策にもなります。床に敷く防音マットも販売されているため、アパートやマンションの上の階に住んでいるかたにはおすすめの製品となります。床の音を防いでくれるものとして、カーペットなども利用することが出来ます。

騒音対策の注意点

壁に取り付けるタイプの防音材に関しては、壁に穴を開けて取り付ける商品もあるので、アパートやマンションなどの賃貸に住んでいる方は注意が必要となります。防音材を選ぶ際には壁を傷つけないものをえらびましょう。防音材によっては、重いものもあるので、女性だけで行う場合はケガをしてしまう恐れがあります。工具を使う場合もあるので、なるべく男性に手伝ってもらいましょう。商品によっては値段が高いものがあるため、ホームセンターに買いに行く時には予算を決めてから向かったほうが良いでしょう。防音対策で、壁の近くに家具を置く方法がありますが、置く場所によっては通り道の邪魔になってしまうので、家具を移動する前には寸法を測ってから移動しましょう。

住居の騒音が気になる人へ

つみき

マンション・アパートの騒音対策は様々だが、騒音が気になる人は物件探しの段階で鉄筋コンクリート造りを選ぶことが大切です。壁が薄い場合の騒音対策は音を跳ね返す遮音シート、吸音効果がある防音壁があり、自分でも設置可能です。また、同時に使用することで効果は高くなります。

More...